« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/14

縮毛矯正と髪のダメージ・痛み の関係

今 現在の縮毛矯正は多少のダメージ(髪の痛み)があっても縮毛矯正はかけられます。
しかし  ダメージ(髪の痛み)にあわせる為 【縮毛矯正のかかり具合が完全にはかからない場合・持続期間が短くなる場合があります。】
では逆にクセにあわせたらどうなの?という事になると思いますが。。。最悪は見た目に出るくらい痛みます。(チリチリになったり切れたり)

ではどうしたらいいか?  ですが  
まず 髪はプロに任せてください。 プロは常に髪の痛みと相談しながら施術します。 【髪に痛み(ダメージ)がある場合はトリートメント・擬似キューティクルなどを施術してから縮毛矯正をかけることもできます。】
あと。。。。
自分では気づいていなくても 髪にコシがない お客様がいらっしゃいます。
 髪のコシがないと縮毛矯正をしても持続しない場合があります。
髪にハリやコシがないお客様でも少しでも持続する為には、髪のハリや髪のコシをだすような シャンプー トリートメント でホームケア剤をお使いになる事をお勧めします。 
また髪にダメージも受けやすくなっています。  サロン等での 集中トリートメント もお勧めします 

【 最大限 努力いたしますがどうしてもダメージ(髪の痛み)あわせる為きちんとかからない場合があることをご了承ください。】


縮毛矯正【縮毛矯正の実態とかけ方の種類など】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »